競馬バトルロイヤルとは、モンドTVが制作した人気競馬番組です。ここではその競馬バトルロイヤルを無料で見る方法について紹介します。

尚結論から言いますと、方法は非常に簡単です。

U-NEXTという動画サイトで放映されていますので、その会員になればいいだけです。会員になるだけで、完全版ならびに過去放送分が無料で視聴できます。

U-NEXTさんは、登録から31日間は、無料というキャンペーンをやっていますので、このキャンペーン期間中は文字通り無料で視聴することが可能です

また動画はダウンロードして、好きな時に好きな場所で視聴することが出来ます

また 他のギャンブル動画の他、 海外の映画、ドラマ、日本の映画ドラマの他、アダルト動画も有名どころはほぼほぼ全て無料で視聴する事が可能です

興味ある方は無料なので、是非見てみてください。

それと無料で見れる期間は、登録から31日間のみです。無料視聴したいかたは、登録から31日以内に、絶対に解約してください。これは大事なことです。各自忘れないよう、携帯の予定に書き込むなどしておいた方が良いと思います。

競馬バトルロイヤルとは

競馬バトルロイヤルとは、モンドTVが制作した人気競馬番組です。

出演者は5名。

ほとんどが競馬関係者。予想新聞の記事を書いている人だったり、地方競馬の予想紙の編集長だったり、東大出身で、生涯払い戻し率100%超えの予想記者だったりと、基本的には長い期間競馬に携わっている、若しくは競馬で勝っている人が出演しています。

そしてその出演者同士で総当たり戦が行われます。

競馬新聞記者、と競馬新聞記者との対決もあったりします。

皆後ろには自分の競馬新聞という大きな看板を背負っているので、勝ちたい!勝たないといけない!という気持ちで勝負しているのがひしひしと伝わってきます。

また実際には同額のお金を渡され、それを競馬に賭けて増やしていくのですが、その際に何を考えて買い目を決めているか?

当たり馬券を購入するためには何を意識して買えば良いのか?という、計算式のようなものを各出演者が説明してくれるのですが、これが非常に、本当に勉強になります。

やはりプロというか、長い間競馬業界にいると、色んな事が見え、色んな観点から競馬というものを見ているんだというのが分かると共に、本当にちょっとした事(馬の後ろ足の部分を双眼鏡で見て、汗をかいているかどうかで判断している)まで確認し、慎重に購入馬券を決めている姿を見ると、勝てる馬券を購入するには、やはりそれなりの努力が必要なんだなというのも自然と分かります。

競馬を買う人は絶対に楽しめると思いますし、競馬で勝ちたい、競馬で当たり馬券を何回も買えるようになりたいと思っている方は、絶対に参考になる番組です。

なので、そのような方は、是非視聴してみてください。

本当にこの番組はハズレない。非常に為になる番組だと個人的には思います。

競馬の知識を増やしたい方、プロの買い方を学びたい方などは、是非U-NEXTからご確認願います。

競馬バトルロイヤルを見て学べる事

自分も競馬は好きで、20年以上競馬をやってきました。また数々の番組も見てきましたが、これほど面白く為になる番組は初めてです。

実際にどんな事が学べるのかという事について個人的な感想をご紹介します。

馬券は絞って買う

どの出演者も、単勝、複勝、馬連、枠連、ワイド、馬単は、だいたい買っても1点から2点です。3連単、3連複は軸固定などで買っていますが、やはりそれでも3点から8点程度。なぜこんなに絞るのか?と思うぐらい馬券は絞って買っています。

何故馬券を絞るのか?解説している人がいたので紹介しますと、競馬の当たりは馬券、単勝、馬連、枠連、馬単、3連単、3連複は1点のみ。ワイド、複勝が3点です。

1点しか当たりがない単勝を、2点買った場合、どちらかは必ずハズレます。これは当然の事ですが、出演者は殆どの人がそれを嫌います。なので殆どの方が馬券は絞って買っています。

これは理論的には正しいので、真似した方が良いと思います。

プロの馬券の買い方などをご覧になりたい方は、是非U-NEXTからご確認願います。 

馬のコンディションは必ず確認している

出走馬に関しては、最低でも前走の内容は必ず頭に入っています。また詳しい人になると、新馬戦から今までの間、ずーっと見続けてきたという、ある意味マニアックな人も結構います。その際の成績は勿論の事、レースの過程が頭に入っており、前走は直線まで揉まれて出られず、力を発揮できなかったが、今回は大外、騎手も変な乗り方はしないと思うから、この馬にします!と言った予想をする人が多くいます。

新聞に書かれている前走の成績だけでなく、前走のリプレイまで全て頭に入った状態で、初めて予想をするようです。競馬は前走、前々走、、、など、今までのレース内容から、ライバルとの結果など、そんな事までをも頭に入れないといけないなというのが分かります。※番組を聞いていると、何となくわかったような気になります。

パドックは必ず見ている

予想家の中には、データー予想を重視する方もいます。過去何年間のデーターから、このレースは〇〇産駒が良い成績を残しているので、今回はこの馬に賭けてみますという予想をする方でも、必ずパドックは確認しに行きます。

当日の馬の状態、返し馬での気合の乗り方など、レース直前でしか分からない何かを確認にいく。それだけはやらないと恐くて馬券を買えない。そんな予想家が多いです。

また勿論の事、パドックを重視する予想家もいます。そういう方々は、その馬の前走のパドックも頭に入っている方が多く、1つ前のパドックと比べてとか、詳しい方になると、何個も前のパドックと比較して、毎回良くなってきているなんて解説する方もいます。

どちらの予想家も、みるべきポイントなど、初心者にも分かりやすく説明してくれますが、これに関しては正直、馬というものそのものの知識があって、初めて理解できることかもしれません。

その日の全レースを把握している

どの予想家も、事前に競馬新聞などの情報を確認し、当日の出走馬は全て確認されています。またその中から、第一、第二、第三希望ぐらいまで、どのレースを買えば当たりやすいか?どのレースなら自信があるか?について、各人が事前に決めてきています。

またその自信の度合いに合わせて、投入する金額も決めており、大きく賭けると考えているレースもあれば、自信がないから少額でとやっているレースもあります。

またそれらの最終決定は、上記に書いた馬のコンディションを確認後という事になります。パドックを見た段階で、買うのをやめたり、逆にノーマークのレースであったとしても、パドックを見て大きく買ってみたりしています。

ただ、いずれにしてもプロの予想家というものは、事前に予習をしてきている。

また何をするかを決めている。

しかし直前のパドック、返し馬などで、それを確信するか、しないかを決め勝負する。こんな流れでやっているようです。

競馬のレースは最後まで確認しない

レースに賭けた予想家は、レースを見ることは見ますが、途中でこれはダメだと分かった場合、見るのを止め、次のレースのパドックの場所を取りに行ったり、次のレースの戦略を立てたり、次のレースのオッズを確認したりします。レースの合間の時間というのは大体30分程度ありますが、その間に、やりたい事、やるべき事が沢山ある方が多いです。真剣にやるとこうなるんだなというのが分かります。競馬場に行って、呑気にビールを飲んでなんて立ち回りは決してないようですので、この点も見物。見て勉強になることはたくさんあると思います。

競馬バトルロワイヤルとは

競馬新聞の記者、競馬関係者などによる1対1の対戦となります。競馬場は今の所中央競馬のみとなります。その他の、MONDO TVで放送されているパチンコ及びパチスロ番組と同じように、5人での総当たり戦が行われます。メンバーは毎回、競馬専門紙、スポーツ新聞の記者や予想家等の専門家や競馬関係者、元獣医で競馬関係者、東京大学卒業で競馬関係者などの競馬好きなタレントから構成されています。

競馬バトルロワイヤルの対戦ルールとは

  • 5人全員との、総当たり戦で対戦が行われます。
  • 最初の軍資金は10万円で、全金額を使い切らなければならない(軍資金を使い切っても、的中した馬券を払戻して使用できる上、それらを使い切った後に自腹での参加は認められるがマイナスの場合、自腹の分もマイナスとして加算されます)。
  • 開催される12レース中、8レース以上に参加しなければならない(基本的に、ロケ地の競馬場で開催されているレースのみで、仮にロケ地以外の競馬場開催のレースを購入しても成績には反映されない。また、出演者個人の仕事や所用で参加できない場合も8レース以上参加しなければならず、出演者によっては馬券をあらかじめ購入して収録を離れる場合もある。参加レースが8レースに満たない場合、失格となる(と番組内で説明があるが、2019年12月現在失格者の発生が無い為処罰については不明))。但し参加とは、お金を賭ければ良いだけなので、100円の馬券を購入するだけでも参加したことになる。
  • 予定されているレースが、開催途中で中止になった場合は特別ルールとして、開催されている他の競馬場での勝負が認められる場合がある東京競馬場が豪雨による中止で、急遽同日開催の京都競馬場のレースで勝負が行われたケースがある。
  • 所持金から軍資金を引いた金額が馬券収支となる(馬券収支は、1円=1ptとして計算される。例えば、所持金0円の場合、軍資金の10万円を引いて-10万ptという計算になる)。
  • 対戦は、馬券収支が(プラス側に)多い方が勝者となり勝利ポイント(10万pt)が加算される(引き分けの場合、両者とも勝利ポイントが半分(5万pt)加算される)。
  • 全対戦終了後、ptが多い上位2名による優勝決定戦が行われる(優勝決定戦もルールはリーグ戦とほぼ同様)。
  • 優勝決定戦は、リーグ戦1位通過者にアドバンテージとして5万ptが付与される。その為、リーグ戦1位通過者は、かなり有利である。

UNEXT会社情報

社名  株式会社U-NEXT (英文名称 U-NEXT Co., Ltd.)

所在地  〒141-0021 東京都品川区上大崎三丁目1番1号 目黒セントラルスクエア

代表取締役社長 堤 天心

事業内容

  • U-NEXT事業
  • コンテンツプラットフォーム事業
  • モバイル通信事業
  • 集合住宅向け固定通信事業
  • BPO事業

投稿日:2020年1月30日 更新日:

執筆者:

新しい記事はありません

    • カテゴリーなし